KIDSROBE BRIDGE

子ども服がつなぐ
ママパパたちの架け橋マガジン

02

よしお兄さんが
使ってみた!

KIDSROBEで何ができる?
【シェア編】

前回のKIDSROBE【使い方編】につづき、今回は【シェア編】をお届け!KIDSROBEの松崎あさこさんに、「着られなくなった子ども服はどうシェアする?」「シェアしたお洋服はどこへ行く?」など、シェアに関することを教えてもらいます。

松崎あさこさん

松崎あさこさん

(KIDSROBE)

KIDSROBEのマーケティングを担当するなど、サステナビリティ+ファッションの分野の事業に携わる。5歳の男の子のママ。

みんな〜、一週間ぶりだパオ!前回に続き、よしお兄さんと一緒にKIDSROBEで何ができるのか学んでいくパオ!今回はお洋服のシェアの仕方を教えてもらうパオ〜!

ラッパオ

クローゼットに住んでいるちょっぴりシャイな服の妖精。
シャツのようなゾウのようなふしぎな姿で、みんなのお家を旅するのが大好き。
収納に着ていない服が増えると、シワシワになっていじけることも。

 スマホで完結! 
3ステップで簡単 
「おさがりシェア」

よしお兄さん:

僕、今日娘が着られなくなったお洋服を持ってきたんです。お洋服のシェアのやり方を教えてください!

松崎:

松崎: お任せください!といっても本当に簡単なんです。一緒にやってみましょう!

1.届いたボックスの中に返送用の袋が入っているので、その中にシェアしたい洋服を入れる。この時ポケットにハンカチやおもちゃなどが入っていないか確認してくださいね。
2.KIDSROBEにログインして、トップページ右上にあるシェアマークをタップ。(※メニュー→マイページからでもシェアできます。)
3.注意事項にチェックを入れたら申し込み内容を確認して「集荷を申込む」ボタンをタップ!

この3ステップでおしまいです!

よしお兄さん:

えっ??!これだけでいいんですか?

  • 集荷の連絡も伝票も不要らしいパオ!ラッパオもびっくりだパオ!!

松崎:

はい!袋に詰めて、シェアボタンを押せばヤマト運輸の集荷の方が来て回収してくれます。KIDSROBEの使命はママ、パパたちを、子ども服をめぐるストレスから解放すること。余計な工程は、極限まで減らしました。

よしお兄さん:

すごい!選ぶのもシェアするのも、本当に家の中だけで完結するんですね…!外に出るのも大変な世の中なので、とてもありがたいですね。

松崎:

ちなみに、シェアするときに洗濯表示タグなどに記名があってもそのままでOK*です。私たちがアイロンテープで隠しているのでご安心ください。次の方はアイロンテープの上からまた記名して使っていただけます。*服への直接の記名は査定対象外となります。

よしお兄さん:

そんなところまで!まさに至れり尽くせりですね。

  • お洋服がみんなのクローゼットに入るまではどうなっているのパオ?

松崎:

私たちが届いたものを1点1点査定しています。問題なく使用できるか、状態をチェックするのです。
査定に通ったお洋服は1点=1ROBEとしてユーザーに付与されます。そのROBEを使ってまた洋服を選んでゆずり受けられるんです。

よしお兄さん:

ROBEというのは、KIDSROBEで使える通貨のようなものなんですね。シェアするとその通貨に交換できるのか〜!ちなみに査定に通らなかったお洋服はどうなるんでしょうか

松崎:

日本環境設計さんが展開している「BRING」を通じて、洋服の原料や自動車の内装材などにリサイクルしています。

  • もう誰も着られなくなったお洋服たちも、新たに生まれ変われるなんて… 本当に素敵だパオ!ラッパオもうれしいパオ!



 整理整頓が苦手な人こそ 
「シェア」を活用してほしい 

よしお兄さん:

本当に無駄のない、素晴らしい仕組みですね。僕、お話を聞く前までKIDSROBEは“子ども服のレンタルサービス”という感覚でいたんです。でも、そうじゃなくて、みんなでゆずり合って使うことなんですよね。今まで引っかかっていた「このまま洋服を使い捨て続けるのかな?」という気持ちと「借りてるんだから汚さないようにしなきゃ…」という気持ちが両方解決して、すごくすっきりしました。

松崎:

私たちが子どもの頃ってもっとおさがりが身近でしたよね。近所のお兄さん・お姉さんやいとこからもゆずり受けたりして。でも今は核家庭化が進んでいて、そういう機会が少なくなりました。

よしお兄さん:

友人にあげるにしても「これは、ちょっと着すぎてボロボロかな?」とか「好みじゃないかな?」とか、気を遣ってしまいます。

  • 性別の違う兄弟だとおさがりしにくいけれど、KIDSROBEなら解決パオ!

よしお兄さん:

僕は整理整頓が苦手なので、子どもが成長するにつれて、収納も大きくなる一方で…。でもKIDSROBEを使うと、すっきりと整理された大きなクローゼットが手に入った気持ちです!

松崎:

まさに、整理整頓が苦手な方にこそ使っていただきたいんですよね。



 子どもたちと一緒に 
「循環」の仕組みを学ぶ機会にも 

よしお兄さん:

子どもと一緒に選んだり、シェアするものを選ぶのも楽しいですよね。

松崎:

そうなんです。KIDSROBEなら、断捨離の“捨”をしなくていいので、「お洋服は循環させていくもの」という意識を、子どものうちから身につけられますよね。

松崎:

お洋服をつくり売る会社としては、やはりつくる責任があるんです。これからの時代は、消費者の方にとっても、子どもたちにとっても、色んな選択肢があった方が良いですよね。

  • 楽しみながら親子で学んでくれて、お洋服たちも喜んでいるパオ!
    KIDSROBEの運営会社アダストリアは、ニコアンドやグローバルワークなどたくさんのブランドを展開しているパオ

よしお兄さん:

KIDSROBE内にコミュニティ(KIDSROBE LOUNGE)をつくったり、新たなチャレンジもどんどんされていますよね。

松崎:

どうしたら気持ちの良い子ども服の循環がつくれるかな?というのは常に考えていますね。コミュニティではユーザー同士の交流も生まれて、子ども服を通じて、ママたちの思いがつながっているのを感じています。

よしお兄さん:

これからの時代は、お洋服も思いもつなげて循環をつくる!僕も、色々と考えてみたいと思います!

PHOTOGRAPHER:KIM-JANG RYONG /
DESIGNER:DENBAK-FANO DESIGN
EDIT & WRITE:RIE HAYASHI & NARUMI SASAKI
(HAHA PROJECT)

KIDSROBE
アンバサダー

  • よしお兄さん

    (小林よしひさ さん)

    1981年、埼玉県生まれ。日本体育大学卒業。2005年~2019年NHK・Eテレ「おかあさんといっしょ」体操のお兄さんを歴代最長14年間務める。卒業後も得意な料理や運動能力を活かし、バラエティ番組、CM等で活躍。子供向けイベント、体操指導など活動の幅を広げる。YouTubeチャンネル「よしお兄さんとあそぼう!」も人気。「第10回イクメンオブザイヤー2020」芸能部門受賞

Special Coupon

クーポンコード

TRYkidsrobe

有効期限:2021年8月31日(火)
23:59まで

※新規ご入会の際に
上記のクーポンコードをご入力ください。
ご入会月のご注文で適用されます。

初めてのご注文に使える500円OFFクーポンプレゼント中!

KIDSROBEサイトへ



入会はこちら

次回はママたちパパたちからの疑問に、KIDSROBEがお答えしちゃうパオ!

TOP