KIDSROBE BRIDGE

子ども服がつなぐ
ママパパたちの架け橋マガジン

20

星が教えてくれる、

ママと子どもの
過ごし方

【ママたちの“風の時代”編】

自分や家族が持って生まれた星について知ることは、ストレスフリーに、軽やかに生きることにつながります。今回は、ママたちパパたちが知っておいて損はない「占星術」について、鳥取まりこ先生にお伺いしました。前編ではまず、昨年末からよく聞くようになった「風の時代」についてのお話をお届けします!

鳥取麻理子

鳥取麻理子さん

西洋占星術師

「自分の人生の真ん中を生きる」をミッションに、星読みで多くの人の人生のスイッチを入れるお手伝いを実践している。6歳の女の子のママ。

ラッパオはお星さまを眺めるのがだーいすき!実は、僕たちの生活とお星さまやお月さまの動きって、密接に関係しているらしいパオ。占星術って、とってもおもしろそうパオ〜ン!

ラッパオ

クローゼットに住んでいるちょっぴりシャイな服の妖精。
シャツのようなゾウのようなふしぎな姿で、みんなのお家を旅するのが大好き。
収納に着ていない服が増えると、シワシワになっていじけることも。

 占星術を知って
 軽やかに 
「風の時代」を生きる。 

ラッパオ:

さっそく先生をご紹介するパオ。まりこ先生〜!はじめましてパオ!

まりこ先生:

ラッパオ、はじめまして!今日はよろしくね。

ラッパオ:

まりこ先生、占星術って、ずばりどんなものパオ?

まりこ先生:

占星術というのはね…すごーくざっくりお話すると、太陽や月、火星、水星などといった星の位置や天体の通り道が、私たちや社会にどんなふうに影響しているのか、経験的に結びつけて占うものなの。占いというとよく分からないものと思われがちだけれど、紀元前から蓄積されたデータに基づいて統計的に判断するものだから、学術的なものなのよ。

ラッパオ:

そんなに歴史のあるものパオね。びっくりパオ!でも、なんでKIDSROBE BRIDGEで占星術パオ??

まりこ先生:

占星術は、自分自身や相手のことをより理解して生きやすくするためのツールなの。自分や家族の星について知ることは、その人が生まれた時から持っている“魂の設計図”を知るということ。去年から続くこのドタバタした社会の流れに、みんな少なからず疲れてしまっているよね。そんな時、星を知ることは、自分の軸を持って軽やかに生きるヒントとなるかもしれないのよ。

ラッパオ:

なるほど〜!“ストレスフリーで心地よく生きていこう”というメッセージは、KIDSROBEと同じパオね! 最近「風の時代」ってキーワードをいーっぱい聞くけど、それってどういうことパオ?

まりこ先生:

西洋占星術では、この世界は火・土・風・水の4元素で構成されていると考えられていて、4元素にはそれぞれの性質があります。星の位置や天体の流れに基づいて、1つの元素が約200年ずつ時代を司り、それが順番に繰り返されているのよ。

ラッパオ:

つまり、風の時代に入ったというのは、土から風に元素のバトンタッチが起こったということパオ?

  • その通り!去年の12月22日まで約240年続いた土の時代は、物質主義の時代。多く持つほど素晴らしいとされていたの。それに対して、新しく始まった風の時代のキーワードは「知性」「情報」「人との関わり」だよ。

  • 約200年に一度の出来事なんて、ラッパオたち、すごい瞬間に立ち会えたパオね!



「風の時代の子育て」って? 

ラッパオ:

ここからは、ママたちや、子どもたちにとっての「風の時代」について聞いていきたいパオ。

まりこ先生:

もちろん!風の時代を生きていく子どもたちは、土の時代に子どもだった私たちとは全く違う価値観で育っていくから、自分が教わってきたことは通用しなくなるのよね。

ラッパオ:

前までは、お金や学歴、地位などが重要視されて、「コツコツ頑張る」や「苦手なことも努力する」「我慢する」のが良いとされていたけれど、風の時代ではそうじゃなくなってくるパオね。

まりこ先生:

その通り! 例えば、これからは「信頼」などがお金に変わって通用するような時代になるかもしれないよね。でも、社会や学校のシステムが、がらりと風の時代仕様に変わるわけじゃないよね。私たちは、その過渡期に生きているから戸惑うこともあると思うの。だけどね、次に時代が変わるのは約200年後。私たちや子どもたちが生きていく間は、ずーっと風の時代なわけだから、そう考えると、風の時代についてもっと知りたくならない?

ラッパオ:

知りたいパオ!でも、まだよく分からないし、風の時代に乗り遅れてしまう気がして不安パオ...。

まりこ先生:

風の時代ではね、自分が好きなことをして、自分の軸を持って生きることが一番重要なの。ラッパオは、どんなことが好き?

ラッパオ:

ラッパオは、みんなのお家のクローゼットに旅するのが、一番大好きパオ〜。

まりこ先生:

うんうん。ラッパオらしくて、とっても素敵! それがわかっていれば、もう大丈夫だよ! 土の時代では、こんな大学を出て、こんな会社に勤めて、こんなお家に住んで...と、ある程度、幸せのデフォルトが決まっていたじゃない? だけど、これからはそれがなくなるの。つまり、自分の幸せは、自分で決めていくのよ。その人の個性を一番大事にしていく時代なんだ。

ラッパオ:

そっか〜! じゃあ、子どもたちも「みんなと同じことをするのがいい」じゃなくって、1人1人の個性を伸ばしてあげることが大事パオね。

まりこ先生:

そう! 色々な人がいて当たり前で、みんな凸凹。そして、自分の凸凹を認めて楽しんでいくことが、他人の多様性を認めることにも繋がっていくんじゃないかな。不安があっても、自分の軸を持っていればきっと人生を開拓していけるし、ママたちパパたちも子どものことも受け入れて信じていける。実はね、その子どもたちの軸を見つけるための手助けツールとしても、占星術は有効なのよ。

ラッパオ:

それが次回、後編で教えてくれる、月星座から子どもの素質を知る占星術パオね!

まりこ先生:

うん!それも楽しみにしていてね。



 風の時代のママたちへ。 

まりこ先生:

ラッパオ、私はこのKIDSROBE BRIDGEでのお話で、どうしても伝えたいことがあったの。それは、 ママたちこそ、自由に自分の人生に夢中になって欲しい!ということなんだ。

ラッパオ:

わあ、ラッパオも同じことを思っていたパオ!風の時代は個性の時代。それって、子どもたちだけじゃなくって、大人もそうパオね!

まりこ先生:

その通りなの!「ママだから我慢しなきゃ」とか「理想のお母さん像」が絶対的だった土の時代から、「ママたちも自由に生きる」風の時代になったんだから! 正直、風の時代を生きていく子どもたちは、心配しなくても自分で自分の人生を見つけていくから大丈夫。一番重要なのはね、ママたちが自分の人生に夢中になって生きている姿を、子どもたちに見せることだと思うの。

ラッパオ:

うんうん。それって、具体的にどうしていくのがいいパオ? ママたちに限らず、自分の好きなことが分からない!という大人も多そうパオ...。

まりこ先生:

今からすぐにできることは「直感を信じる」ことかな。小さなことでも「こんなのがいいなぁ」と思うことを無視しない! 例えば、どうせランチを食べるのだったら、チェーン店じゃなくっておしゃれなカフェに行きたいなぁ、とか、そんなことから始めたらいいと思います。今までだったら「小さな子どもがいるから...」とか、条件をつけて諦めていたところを、諦めずにそれを叶えてあげる。

ラッパオ:

それならできそうパオ!例え少しの勇気がいることでも、心の赴くままに、小さなチャレンジをしてみるパオね。

まりこ先生:

あとは、「好きだな〜」と思うことをどこかで発信してみるのも、いいんじゃないかな? 食べ物でも趣味でも漫画や映画でも、なんでもOK! 発信していくのが難しいなら、SNSなどで自分と同じ好きなものを発信している人のところへ行ってみるとか。

ラッパオ:

ネットを活用していくパオね!

まりこ先生:

地の時代では住んでいる場所が近いご近所さんと繋がりが深かったけれど、風の時代では「心のご近所さん」と繋がるのがいいと思うんだ。同じ志や同じ趣味をもつ人と自由に繋がれる時代だもの。そうすると、とっても楽になるのよ。

ラッパオ:

ラッパオ、前も「ママたちのつながり」についてお話を聞いたパオ!KIDSROBEにも、ママたちがつながるコミュニティがあるパオ!

まりこ先生:

まさに!ママたちこそ、つながってほしいのよ。ママたちみんなが心のご近所さんとつながっていけば、みんなが支え合って、自分の人生を自由に生きていけると思うの。

  • そう考えると、風の時代って、遠いものでも難しいものでもなく、みんなが手を取り合って、認め合って、幸せに生きていける時代なんだパオね!

  • うん! だから、皆さんにも安心してほしいんです。風の時代に乗らなければ、と頑張らなくても、自分の心地よさに従っていけば、それで大丈夫だから!

  • 先生、ありがとうパオ!これから本格的になっていく風の時代が、とっても楽しみになったパオ!次回は、月星座からみる子どもとの関わり方や2021年下半期の流れなどの実践編をお送りするパオ〜ン!

DESIGNER:DENBAK-FANO DESIGN
EDIT & WRITE:RIE HAYASHI & NARUMI SASAKI
(HAHA PROJECT)

KIDSROBEサイトへ



入会はこちら

TOP